【メニュー】


当サイトについて

チュウヒの概要


ハンティングに関する項目

体の特徴

狩りの方法

採餌環境


餌に関する項目

餌について

餌動物の種類


繁殖に関する項目

繁殖の概要

巣と卵

ディスプレイと餌の受渡し


なわばりに関する項目

行動域と縄張り

排他的行動


その他の項目

ねぐら環境とねぐら入り行動

渡りと国内移動

換羽、声、その他

引用文献

リンク

引用文献


<国内文献>

東淳樹.2016.猛禽類を指標とした生物多様性保全機能を高める水田利用の提案と検証.科学研究費助成事業研究結果報告書.

Eduence Field Production.2011.チュウヒ Eastern Marsh Harrier in Hokkaido.DVD付属冊子. Eduence Field Production,札幌市.

遠藤孝一.2008.渡良瀬遊水地におけるチュウヒの越冬期後半の行動圏と移動.日本鳥学会大会講演要旨集:178.

富士元寿彦.2005.原野の鷲鷹 北海道・サロベツに舞う.北海道新聞社.

彦坂富志.1984.チュウヒ観察記.野鳥園だより( 愛知県弥富野鳥園事務所) 22: 1-4.

樋口孝城・広川淳子・浜田強.1999.北海道石狩川下流域におけるチュウヒの繁殖状況.山階鳥研報31(2): 103-107.

平井千晶・長谷部真・浦達也・西林直哉・北村亘.2017.サロベツ湿原における繁殖期のチュウヒの営巣環境選択.日本鳥学会大会講演要旨集 2017:86.

平野敏明・遠藤孝一・君島昌夫・小堀政一郎・野中 純・内田裕之.1998.渡良瀬遊水地における秋冬期のチュウヒのねぐら.Strix 16: 1-15.

平野敏明・君島昌夫・小堀政一郎.2003(a).野火が冬期のチュウヒの採食行動におよぼす影響について.Strix 21:71-79.

平野敏明・君島昌夫・小堀誠一郎.2003(b).栃木県におけるチュウヒとハイイロチュウヒの越冬分布.Accipiter 9: 19-25.

平野敏明・小池勲・塚原千明.2004.栃木県渡良瀬遊水地のチュウヒのペリットから見つかった鉛散弾.日本鳥学会誌 53(2): 98-100.

平野敏明.2005.チュウヒの採食環境としての人工浮島の効果.Bird Research 1:A15-A23.

平野敏明・小池勲・塚原千明.2005.渡良瀬遊水地におけるチュウヒとハイイロチュウヒの冬期の食性.日本鳥学会誌 54(1): 29-36.

平野敏明.2006.渡良瀬遊水池におけるチュウヒの生殖状況と環境利用.チュウヒサミット2006要旨集:20-27.

平野敏明.2008.越冬期におけるチュウヒの探餌環境選択.Bird Research 4:A9-A18.

平野敏明・遠藤孝一・野中純・川田裕美・内田裕之・堀江玲子・長野大輔・船津丸弘樹・植田睦之.2010.渡良瀬遊水地におけるチュウヒとハイイロチュウヒの越冬個体数の長期モニタリング.Bird Research 6:A29-A42.

平野敏明.2015.新たな池の造成が秋冬期のチュウヒの狩り行動におよぼす影響.Bird Research 11:A21-A30.

平野伸明.2010.チュウヒのくらし.チュウヒサミット2010要旨集:4-6.

平野伸明.2015.チュウヒの暮らしと保護.BIRDER 7月号.文一総合出版,東京.

池田昇・田沼寿.2007.茨城県におけるチュウヒの繁殖初記録.Strix 25:95-97.

石沢慈鳥.1955.原色野鳥ガイド下巻.誠文堂新光社.

石沢慈鳥・千羽晋示.1967.日本産タカ類12種の食性.山階鳥類研究所研究報告 5(1):13-33.

市川計彦・内田孝男.2011.渡良瀬遊水地におけるチュウヒの繁殖記録.Accipiter 17: A1-A8.

柿澤亮三・小海途銀次郎.1999.日本の野鳥 巣と卵図鑑.世界文化社,東京.

鶴いしい.1990.枯野の猛禽 阿知須干拓. いしいT・Iアート, 広島.

蒲谷鶴彦・高野伸二.1985.山渓カラー名鑑 日本の野鳥.山と渓谷社,東京.

環境省.2014.レッドデータブック2014 2鳥類.ぎょうせい,東京.

環境省自然環境局.2015.平成26年度チュウヒ保護方策検討調査委託業務報告書.環境省,東京.

近藤義孝・加藤倫教・前田崇・大崎敏広・米倉静・山本範雄・安藤宣朗・平井正志.2013.木曽岬干拓地におけるチュウヒの繁殖状況と冬季の猛禽類のねぐらの状況.日本鳥学会2013年度大会要旨集.

清棲幸保.1965.日本鳥類大図鑑I.講談社.

清棲幸保.1966.野鳥の事典.東京堂.

黒田治男.1994.岡山県・笠岡湾干拓地の冬期における猛禽類4種の環境選好.Strix 13:191-197.

小宮輝之・杉田平三.2012.鳥の足型・足跡ハンドブック.文一総合出版,東京.

三重県.2002.第2項 生物の多様性の確保及び自然環境の体系的保全を旨として調査、予測及び評価されるべき環境要素.

三重県.2006.平成18年度 木曽岬干拓地整備事業 環境影響評価事後調査報告書

三重県.2013.平成24年度 木曽岬干拓地整備事業 環境影響評価事後調査報告書

箕輪義隆・桑原和之・浅川裕之・奴賀俊光・小田島高之.2004.印旛沼のチュウヒとハイイロチュウヒの生息状況.第19回日本鳥類標識協会全国大会 要旨集:21.

森岡照明・叶内拓哉・川田隆・山形則男.1995.日本のワシタカ類.文一総合出版,東京.

中川富男.1991.チュウヒの移動.日本鳥学会誌39(4):139.

中川富男.2006.河北潟干拓地および北陸におけるチュウヒの繁殖と生態.チュウヒサミット2006要旨集:41-45.

中川富男.2008.チュウヒの雌雄・年齢による虹彩などの変化について.チュウヒサミット2008要旨集:11.

中山文仁.浦達也.2010.衛星追跡によるチュウヒの行動圏内部構造と渡り経路の解明.日本生態学会第57回全国大会 講演要旨:I1-09.

納家仁・小海途銀次郎・清水俊男.2007.大阪府におけるチュウヒの繁殖記録.Strix 25:99-103.

西出隆.1979.八郎潟干拓地におけるチュウヒの繁殖記録.山階鳥研報 11:109-120.

日本野鳥の会岡山県支部.2002.阿部池におけるチュウヒ繁殖の記録中間報告書.日本野鳥の会岡山県支部,岡山.

日本野鳥の会三重県支部・日本野鳥の会愛知県支部・名古屋鳥類調査会.2006.木曽岬干拓地チュウヒ繁殖調査2002〜2006.チュウヒサミット2006要旨集:28-36.

NPO法人河北潟湖沼研究所.2013.河北潟レッドデータブック.橋本確文堂,石川県.

NPO法人チュウヒ保護プロジェクト.2016.NPO法人チュウヒ保護プロジェクト
2015年活動報告書

小栗幸雄・小野正人・紀國聡・渡邊敬史・井上創.2009.利根川下流域におけるチュウヒの繁殖状況および越冬状況.平成21 年度 社団法人日本環境アセスメント協会 技術交流会 展示発表.

境瑞紀・多田英行・蛯名純一・高橋雅雄・浦達也.2009.仏沼の繁殖期チュウヒにおける採餌環境としてのヨシ原と農地の利用率の違い.日本鳥学会大会講演要旨集 2009 :178.

先崎啓究.2015.越冬地でのチュウヒの暮らし.BIRDER 10月号.文一総合出版,東京.

先崎啓究・先崎理之.2015(a).チュウヒ・ノスリ観察のすゝめ.BIRDER 10月号.文一総合出版,東京.

先崎啓究・先崎理之.2015(b).北の大地で命をつなぐチュウヒたち.BIRDER 10月号.文一総合出版,東京.

先崎理之・山浦悠一・中村太士.2015.開発におけるオフサイトインパクトの把握のための猛禽類の利用.日本鳥学会大会講演要旨集 2015 :151.

Masayuki Senzaki, Yuichi Yamaura, Futoshi Nakamura.2015.The usefulness of top predators as biodiversity surrogates indicated by the relationship between the reproductive outputs of raptors and other bird species.Biological Conservation 191:460-468.

Senzaki Masayuki, Yamaura Yuichi.2016.Surrogate species versus landscape metric : does presence of a raptor species explains diversity of multiple taxa more than patch area?.Wetlands ecology and management 24(4):427-441.

Masayuki Senzaki, Yuichi Yamaura, Futoshi Nakamura.2017.Predicting Off-Site Impacts on Breeding Success of the Marsh Harrier.The Journal of Wildlife Management 81(6):973–981.

鈴木祐太郎・工藤晃央・土門優介・中村紘喜・一北民郎・川崎康弘・川崎里実・先崎啓究・先崎愛子.2016.北海道北部オホーツク海側に生息するチュウヒの食性.日本鳥学会2016年度大会講演要旨集:119.

高橋佑亮・東淳樹.2014.農耕地帯で繁殖するチュウヒの狩り場環境選択−秋田県八郎潟干拓地の事例−.日本生態学会東北地区会会報 75:1.

多田英行.2007.仏沼におけるチュウヒの繁殖記録.Strix 25:87‐93.

多田英行・.蛯名純一.2010.仏沼におけるチュウヒの繁殖生態の概要.おおせっからんど年報 2:25-32.

多田英行.2011.仏沼におけるチュウヒのヒナの育雛期の行動と餌内容の一例. Strix 27:73-82.

多田英行.2013.岡山県内におけるチュウヒ類の越冬状況.日本野鳥の会岡山県支部HP内.

多田英行.2014(a).岡山県におけるチュウヒの再繁殖の一例. Strix 30:87-92.

多田英行.2014(b).岡山県におけるチュウヒの繁殖期と非繁殖期の採餌環境の比較. Strix 30:93-98.

多田英行.2015.岡山県における越冬期のチュウヒとハイイロチュウヒの渡来時期と個体数の季節変動.Bird Research 11:A11-A19. 

多田英行・平野敏明.2015.越冬期におけるチュウヒの全国一斉個体数調査と長期モニタリングの試み.日本鳥学会大会講演要旨集 2015:146.

多田英行.2016.チュウヒ類のねぐら環境と利用場所の季節変化.Bird Research 12:A31-A40.

多田英行.2017.越冬期におけるチュウヒの同種内での排他的行動の特徴. Strix 33:93-109.


多田英行・平野敏明.2017.越冬期におけるチュウヒ類の全国一斉個体数調査(2014〜2017).日本鳥学会大会講演要旨集 2017:84.


千葉晃・佐藤吟一.2008.佐渡市佐潟におけるチュウヒの繁殖について.Strix 26:81-95.

土門優介・工藤晃央・鈴木祐太郎・中村紘喜・宮里理子・一北民郎・先崎啓究・先崎愛子・川崎康弘・川崎里実.2017.北海道北部オホーツク海側に生息するチュウヒのつがい間における個体の入れ替わりについて.日本鳥学会2017年度大会講演要旨集:85.

浦達也・加藤和明.2006.チュウヒサミット2006要旨集:10-15,三重県.

浦達也.2015.チュウヒの行動圏と渡りについて探る.BIRDER 10月号.文一総合出版,東京.

若杉稔.1982.鍋田でチュウヒが繁殖.野鳥園だより(愛知県弥富野鳥園事務所)17:3-4.

Young Guns.2013.タカの換羽を読み取る.BIRDER 9月号.文一総合出版,東京.


<海外文献>

Arroyo,B,E.1997.Diet of Montagu’s Harrier in central Spain:analysis of temporal and geographic variation.Ibis 139:664-672.

Barnard,P.1987.Foraging site selection by three raptors in relation to grassland burning in a montane habitat.African Journal of Ecology 25:35-45.

Bengston,S.A. 1967. Observation of the reproductive success of the Marsh Harrier in Skans province. Oological Record 2: 23-28.

Bijlsma R.G. 1993. Ecologische atlas van de Nederlandse roofvogels. Schuyt & Co, Haarlem.

Clarke R..1995.The Marsh Harrier、HAMLYN.

Calford,M.B., Wise,L.Z., and Pettigrew,J.D..1985.Coding of sound location and frequency in the auditory midbrain of diurnal birds of prey, families Accipitridea and Falconidae.joural of Comparative Physiology A 157:149-160.

Dement’ev,G.P.&N.A.Gladkov.1966.Birds of the Soviet Union Vol.1.English edition.Israel Program for Scientific Translation,Jerusalem.

Kitowski I..2003.Age-related differences in foraging behavior of Montagu's harrier Circus pygargus males in south-east Poland.acta ethol 6:35-38.

Kitowski I..2007(a).The roost and roosting behaviour of Eurasian Marsh Harriers Circus aeruginosus during autumnal migration in eastern Poland.Pakistan Journal of Biological Sciences 10(5):734-740.

Kitowski I..2007(b).Inter-sexual differences in hunting behaviour of Marsh Harriers(Circus aeruginosus) in Southeastern Poland.Acta Zoologica Lituanica 17(1):70-77.

Neufeldt,I.A..1964.Notes on the nidification of the Pied Harrier in Amurland.U.S.S.R.journal of the Bombay Natureal Histry Society 64:284-306.

Oatley,G. ,Simmons,R.E.,Fuchs,J..2015.A molecular phylogeny of the harriers (Circus, Accipitridae) indicate the role of long distance dispersal and migration in diversification.Molecular Phylogenetics and Evolution 85:150-160.

Rice,W.R..1982.Acoustical location by the Marsh Hawk:adaptation to concealed prey.Auk 99:403-413.

Sammut M..2005.Marsh Harriers roosting in trees.Brit.Birds 98:314-316.

Schipper, W.J.A., Buurma, L.S. & Bossenbroek, P.H. 1975. Comparative study of hunting behaviour of wintering Hen Harriers Circus cyaneus and Marsh Harriers Circus aeruginosus. Ardea 63: 1-29.

Simmons. E. R..2010.Harriers of the world.OXFORD UNIVERSITY PRESS,UK.

Sonerud A.G. 1986. Effect of snow cover on seasonal changes in diet, habitat, and regional distribution of raptors that prey on small mammals in boreal zones of Fennoscandia.Ecography 9(1):33-47.

Strandberg R., Klaassen R.H.G., Hake M.,Olofsson P., Thorup K. & Alerstam T. 2008. Complex timing of Marsh Harrier migration due to pre- and post-migratory movements.Ardea 96(2):159–171.


Temeles.E.J.1989.Effect of Prey Consumption on Foraging Activity of Northern Harriers.The Auk 106(3):353-357.

Underhill-Day J.C. 1984. Population and breeding biology of Marsh Harriers in Britain since 1900. J. Appl. Ecol. 21:773-787.

Verma A.,Prakash V..2007.Winter roost habitat use by Eurasian Marsh Harriers in and around Keoladeo National Park, Bharatpur, Rajasthan, India.Forktail 23:17–21.

Witkowski,J.1989.Breeding biology and ecology of the marsh harrier in the Barcycz valley,Poland. Acta Ornitbologica 25:223-320.


<本サイト未使用の文献>

BIRDER編.2009.特集 冬のタカ チュウヒに注目.BIRDER 12月号.文一総合出版,東京.

環境省自然環境局.2013.平成24年度チュウヒ保護方策検討調査委託業務報告書.環境省,東京.

環境省自然環境局.2016.平成27年度チュウヒ保護方策検討調査委託業務報告書.環境省,東京.

環境省自然環境局野生生物課.2016.チュウヒ保護の進め方.環境省,東京.

工藤晃央・梅津隆・前田正広・土門優介・山田芳樹・一北民郎・川崎康弘・川崎里実・中嶋友彦・小賀坂玲
子・有山智樹.2014.道路事業におけるチュウヒのモニタリング.「野生生物と交通」研究発表会講演論文集 13:37-44.

風間健太郎・宮本誠一郎・佐藤雅彦.2013.利尻島におけるチュウヒの観察記録.利尻研究 32:51-52.

三重県.2009.平成20年度 木曽岬干拓地整備事業 環境影響評価事後調査報告書

三重県.2010
.平成21年度 木曽岬干拓地整備事業 環境影響評価事後調査報告書

三重県.2011.平成22年度 木曽岬干拓地整備事業 環境影響評価事後調査報告書

三重県.2012.平成23年度 木曽岬干拓地整備事業 環境影響評価事後調査報告書

三重県.2014.平成25年度 木曽岬干拓地整備事業 環境影響評価事後調査報告書

三重県.2015.平成26年度 木曽岬干拓地整備事業 環境影響評価事後調査報告書

三重県.2016.平成27年度 木曽岬干拓地整備事業 環境影響評価事後調査報告書


三重県.2017.平成28年度 木曽岬干拓地整備事業 環境影響評価事後調査報告書


宮城県環境生活部自然保護課.2016.宮城県猛禽類生息状況調査報告書

Kazuya Nagai, Yusuke Takahashi, Shoki Yamazaki, Atsuki Azuma.2017.Analysis of the genetic diversity and structure of the Eastern Marsh Harrier in Japan using mitochondrial DNA.Journal of Ornithology pp1–6 (Articles not assigned to an issue)

大串龍一.2002.河北潟干拓地における小型哺乳類相とその生息量の長期変動(1976年−1994年).河北潟総合研究 5:1-15,石川県.

岡田徹・岩本光徳.2008.北九州市内におけるチュウヒの繁殖.わたしたちの自然史 103:2-4.

佐々木望.2007.絶滅危惧猛禽チュウヒの生息環境評価 〜苫小牧勇払弁天沼を事例として〜.北海道科学大学 卒業論文.

先崎理之・山浦悠一.2013.チュウヒの保全が湿地性生物の保全に果たす役割.日本生態学会第60回全国大会講演要旨.

鈴木祐太郎・土門優介・工藤晃央・藤田康平・村田俊一・梅津隆・一北民郎・川崎康弘・川崎里実・中嶋友彦・小賀坂玲子・有山智樹・先崎啓究.2015.道北地方の道路事業におけるチュウヒの保全対策と調査結果の紹介.「野生生物と交通」研究発表会講演論文集 14:55-62.




トップページへ戻る

inserted by FC2 system